茜の空

f0181018_21564295.jpg


f0181018_21565931.jpg


朝から、突然の雨。  そして、終日 強い風。

一日の終わりは、また激しい雷雨。

雨が止んだ。。。と思ったら こんな夕焼けでした。


煮込んでいたカレーのお守りを息子に頼んで、あわてて外へ。

水田まで行きたかったのですが、数分の間にみるみる暮れていく空。

とりあえず、家の近くで撮りました。

微妙に変わっていく空の色、感じていただけますか?

f0181018_21571537.jpg


f0181018_21573238.jpg


f0181018_2158579.jpg








クラスに四肢欠損の障がいをもったお子さんが居ます。

ご両親の希望は、「何でも、他の子と同じようにやらせてほしい。」



お散歩などで、手をつなごうと差し出す時、

すんなりと手をつないでくれる子。

自分の手をひっこめて、つなごうとしない子。

じーっとみつめる子。

自分たちとは違う形の指や足への戸惑い。

自分とは違うものを分けようとするこころは、いつ うまれるんだろう?



今は天真爛漫で黒くきらきら輝いている瞳が

悲しみに曇る時が、いつか訪れる。

そう考えると 切なくなってしまいます。

「この手は、大事な事をたくさん教えてくれる魔法の手なんだよね。」

そんな言葉をつぶやきながら、今は私が手をつなぐ。
[PR]
トラックバックURL : http://smallsanta.exblog.jp/tb/11322420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by papacamera at 2009-06-17 19:46
綺麗な夕焼けですね。
水面への写り込みの素敵です。

障害者との接し方、最初は驚くのが普通でしょうね。
家族が基本にあって、まわりにそういう人がいなければ、かまえてしまう。
僕も小さい頃、黒人の男性を見た時は咄嗟に警戒しました。自分と違うものに対して。
そこから先は親や周囲によって、どう認識成長していくかなんでしょうね。
けど、存在を知っているといないでは大きな違い。そして、一歩が手を差し伸べる事から始まるのは確かですね。
Commented by smallsanta at 2009-06-17 23:38
*papacameraさま
こんばんは^^
雨が降った直後だったので、道路がちょうど水鏡のようになりました。
辺り一面、茜色の時でしたよ。

そうですよね。見慣れない、ということはありますよね。
思ったことをそのまま口に出してしまう年齢です。
まだ、傷つくことを知らない、明るいお子さんなのです。
「みんなちがって、みんないい」
子供たちが、何のわだかまりももたず、そう思ってくれるようになってくれたら。。。
って思います。
by smallsanta | 2009-06-16 22:01 | | Trackback | Comments(2)

お元気ですか?ひだまりみたいなほっこり気分。あなたに届きますように。。。


by ちびサンタ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31